2018/06/20 11:00

井浦新がバズった? 「皆さんに顔向けできない」と複雑な胸中語る

ドラマ『アンナチュラル』でのクセの強い法医解剖医・中堂系役が記憶に新しい井浦新さん。飄々としながらも内にマグマのような沸々とした熱を抱えた中堂は、ツイッターのトレンドワードに上るほど大きな話題にも。そして、このたび公開される映画『返還交渉人 いつか、沖縄を取り戻す』で演じたのは、強い意志と情熱を持って沖縄返還に尽力した外交官・千葉一夫の闘いの軌跡だ。
理知的でアーティスティックな人ゆえに、どこかクールなイメージの井浦さん。でも本人は、自分のことを「デタラメ」だと語る。果たしてその理由とは? 井浦さんという人物とは?

■ いろんなことに興味がありすぎて、僕のなかはカオスなんです(笑)。

――ドラマ『アンナチュラル』の中堂役も、これまでの井浦さんのイメージからすると意外なキャラクターですよね。とても魅力的な役で、大きな話題にもなりました。

井浦:僕が一番びっくりでした。近しい方から「中堂がバズっているらしいよ」と聞いた時には、嘘だと(笑)。あれは全部撮り終わってからの放送だったんですが、正直、皆さんが望むような中堂を表現できなかった気がしていて、打ち上げでも皆さんに顔向けできない、恥ずかしくてもう会えない、って落ち込んでいたんです。でも、放送が始まったら中堂が面白がられていて…なんか本当に芝居ってわからないなって。ただ、少しは救われるけれど、やっぱりどこか自分では苦しい部分もあったりします。最悪な芝居だと思っていたのが、評価を得て、僕が考えていたことなんてたかが知れているんだなって思い知らされた感じで。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

仲のいい友達に囲まれて、平凡だけど幸せ気分。困っている人が...もっと見る >