2019/01/13 21:45

放置してない…?注意すべき「厄年の災い」と対策

放置してない…?注意すべき「厄年の災い」と対策
放置してない…?注意すべき「厄年の災い」と対策
“厄年”という言葉を聞いたことがある人も多いかと思います。でも、何となく気をつけた方がいい年なのかな、くらいの認識なのかもしれません。でも、実は厄年の本当の意味を知ると、かなり恐ろしいと感じるでしょう。そこで今回は、「厄年の乗り越え方と本当にあった怖い話」について占い師の脇田尚揮さんにご紹介いただきます。
文・脇田尚揮

■ ■厄年の1年前「前厄」ではお金や人間関係の災いが

厄の前兆が現れる年として、厄年の前1年を指す“前厄”。この時期は、お金に関する災い、特に大きな損失や、盗難などのトラブルが起こると言われます。また、人間関係のトラブルも起こりやすいため注意が必要です。

事実、このタイミングで結婚式を挙げた私の知り合いのTさんは、結婚相手の浮気が発覚し破談になりました(入籍はしていなかったようですが)。異性から裏切られることも多いので気をつけて。出来る限り慎重に過ごした方がよいとされています。

■ ■厄年の真っただ中「本厄」では健康や精神を患いやすい

人生の節目とされ、3年間の厄年の中でも最も注意が必要なのが“本厄”。本厄で起きやすいと言われる厄災は、ズバリ健康面に関すること。体の変化に伴い体調を崩しやすく、精神的にも不安定になりがちな時期だと言われています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

先祖代々伝わることを守ると吉。仏壇に手をあわせたり、都合が...もっと見る >