楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/12/04 19:50

歯並びがコンプレックス…高校生の群像劇を描いた『真夏のデルタ』

「10代とか20代前半の頃の特徴といえる困難のひとつって、他者との関係やそれを受け取る心の一番柔らかい部分の感受性が剥き身で、擦れていないところにある気がします。良くも悪くも真っ向勝負というか。大人になるとそういった場面の難しさや面倒くささにある程度慣れていきますが、感受性が鎧を着て外からの刺激に強くなることは、同時に鈍くなったとも言えるよなあ……と」

椎葉、三辻、伸、それぞれの視点で物語が展開するにつれ、意外な面が浮かび上がってくるのだが、周囲が抱くイメージと自己認識の乖離は、大人でもままあること。多感な時期というのも手伝って、本作はそれをより生々しく見せてくれる。

「高校生という、子どもとして扱われるのに大人としての振る舞いも求められる板挟み状態や、未来への不安、好きな人がいたり、仲のいい子や苦手な友だちがいたり……、私自身がかつて経験した苦しさと喜びを抱えた時期の愛おしい部分を排除したくなかったんです。“正しくなさ”と“好ましくなさ”を持った人たちが、あがいてそれでもまっとうに大人になっていく話でもあるので」

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ひっそりと静かに過ごしたい気分。早々に家に帰り、好きな読書...もっと見る >