2017/10/26 14:50

「赤ら顔」の原因って?皮膚科医直伝のスキンケア対策で克服せよ!

寒い時期は顔が赤くなってしまう「赤ら顔」に、悩む人も少なくないのでは? 実は寒暖差のほかにも、顔が赤くなる要因はさまざまあるのだとか。今回はその原因と自分でできる簡単な対策を、美容皮膚科シロノクリニック恵比寿本院の中川桂副院長に教えてもらいました。

赤ら顔の原因は「毛細血管拡張症」!?

赤ら顔の原因のひとつに「毛細血管拡張症」が考えられます。これは皮膚の下にある「毛細血管」が拡張して顔が赤く見えたり、血管が透けて見えたりする症状のこと。では、なぜ毛細血管拡張症になってしまうのでしょうか。

毛細血管拡張症になる4つの原因と対策

赤ら顔を引き起こす「毛細血管拡張症」の原因と対策はこちら。

原因①皮膚の薄さ

毛細血管は真皮層にあるので、表面の皮膚が薄くなると透けて見えてしまいます。角質層が外部からの刺激を受けるなどして肌の水分が不足すると、キメが乱れます。そうすると肌に厚みがなくなり、角質層が十分な役割を果たせなくなるため、血管が透けて見えやすくなります。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭を押さえつけられるような気分で、ややユウウツ。いつも通り...もっと見る >