2017/11/06 14:50

冬こそ油断禁物!?乾燥がニキビを引き起こすメカニズムと対策

汗や皮脂でベタつきやすい夏に比べて、冬はニキビができにくいと油断していませんか? 美容皮膚科シロノクリニック銀座院の徳永真理院長によると、むしろ空気が乾燥する冬の方がニキビができやすいこともあるのだとか! その理由と対策を教えてもらいました。

乾燥がニキビを引き起こすメカニズム

冬は乾燥で肌の角質層の水分量が少なくなり、肌本来の持つバリア機能が低下しやすくなります。すると角質は厚くなろうとするため皮脂が詰まりやすくなります。また、肌が乾燥するとうるおいを保つために皮脂が分泌されることから、肌表面の水分と油分のバランスが崩れることも原因のひとつになります。

ニキビとはオサラバ! 肌のバリア機能の低下を防ぐスキンケア

肌のバリア機能の低下でできる秋冬の「ニキビ」。まずは乾燥を防ぐことを意識してスキンケアを行いましょう。

洗顔はぬるま湯で

寒いとつい温度が高めのお湯で洗顔したくなりますが、あまり熱いお湯で顔を洗うと肌に必要な皮脂まで落としてしまい、肌の乾燥を進める原因となってしまいます。30度以下のぬるま湯で洗顔するようにしましょう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

好奇心のままに動きまわろう。興味のある所に顔を出すと、ワク...もっと見る >