2018/01/25 14:50

指先、顔、髪...全身の乾燥対策まとめ!カサつき知らずのうるツヤ美人に♪

1年を通して肌のカサつきや髪のパサつきなどの乾燥に、悩まされるている人も少なくないはず。今回は、そんな美容の大敵「乾燥」から全身を守るための簡単テクニック&おすすめアイテムをまとめました。

<目次>【マッサージ編】簡単フェイスマッサージで乾燥肌に喝!
【洗顔・スキンケア編】乾燥悩みを撃退するテク&おすすめアイテム
【メイク編】うるツヤ見えを叶えるレスキューメイク
【ヘアケア編】髪のパサつきをなかったことに♪
【ハンド・ネイルケア編】手のカサつきやささくれから卒業できるテク

【マッサージ編】簡単フェイスマッサージで乾燥肌に喝!

簡単1分マッサージで肌コンディションを底上げ!

フェイスマッサージは、正しく行えば血液循環をよくし、新陳代謝を促して、肌の働きを良好に保ってくれるおすすめなケア♪ マッサージを行う際には、専用のマッサージクリームを使うと◎。保湿などのスキンケア効果だけでなく、すべりを良くして肌への摩擦を減らしてくれます。美白効果やうるおいアップなど、自分の肌質や好みに合ったものを選びましょう。

<準備>
化粧水で肌を整えて、マッサージクリームを顔全体に塗る。

<目元のマッサージ>

1. 眉頭の下のくぼんだ部分に力加減のしやすい中指の腹を押し当て、ゆっくりとプッシュ。2. 指を軽くすべらせ、眼球と眉骨の間のくぼみ〜目の下を通ってマッサージ。これを3回繰り返す。3. 最後にこめかみをプッシュ。

<口元のマッサージ>

1.下唇とあご先の間に中指を置き、唇を持ち上げるように口角の方向へマッサージ。こちらも3回繰り返す。2. 手のひらをフェイスラインに沿わせて、頬を持ち上げるようにしながらこめかみあたりまでマッサージ。

<仕上げ>ティッシュで軽く油分を拭き取り、乳液で整えたら完了!

>>クマやたるみが気になる人のマッサージテクもチェック!♪

【洗顔・スキンケア編】乾燥悩みを撃退するテク&おすすめアイテム

肌のうるおいを保つ! ふわもこ泡洗顔

きめの細かい泡で優しく洗うと、肌のうるおいが保たれると言われていますよね。でも実際、「どのくらい泡立てればいいの?」「泡立てるのって難しい...」と思っている人必見! 特別な道具なしで今日から始められる、ふわもこ泡洗顔の方法をご紹介します。

ふわもこ泡洗顔のSTEP
1. 洗顔前に手を洗う。手に汚れや油分がついていると泡立ちが悪くなるので注意。
2. 水かぬるま湯でしっかり顔を濡らす。乾いた肌に直接泡をつけると、泡がつぶれやすくなるだけでなく、デリケートな肌にとって負担になることも。
3. 濡れた手に洗顔料を適量とり、全体に広げる。少量の水かぬるま湯を数回に分けて加え、逆さにしても落ちないくらいになるまで、しっかり泡立ててふわもこ泡を作る。

ふわもこ泡を作る最大のコツは差し水。泡立てが苦手な人は "差し水"が少ないかも。泡が立ち始めてからも何度か水を足すように心がけて。せっかくの泡が水でつぶれそう、と思われるかもしれませんが、大丈夫。水を足して、どんどん泡立てることで、キメ細かいもっちりとした弾力のある泡がつくれますよ。

4. ふわもこ泡を肌の上で転がすようなイメージで、やさしく洗顔。額や鼻など脂っぽい部分は、指の腹をつかって丁寧に。5. 流水で約1分を目安に、水かぬるま湯で十分にすすぐ。6. タオルで顔を軽く押さえるように、やさしく水分を吸い取る。

泡洗顔を毎日続ければ、キメが整ったなめらかな肌に変わっていきますよ♪

>>ふわもこ泡洗顔のテクニックをもっと詳しく見る♪

肌の状態別・おすすめプチプラアイテム

「いつもよりちょっとカサついてるかも...」という人から「乾燥しすぎて、触るとゴワゴワする!」という人まで、まずは気軽に試しやすい2,300円未満のプチプラ保湿アイテムをpick up! 乾燥度合い別に資生堂Webビューティーコンサルタントがセレクトしました♪

カサつく「初期乾燥」に......アクアレーベル バランスアップ クリーム(医薬部外品)
化粧水とこちらの2ステップでもOKという手軽さが魅力のクリーム。肌表面の角層をうるおいで満たし、コクのあるしっとりとした感触は、カサつきが気になる肌に◎。さらに、赤ちゃんのみずみずしい肌には多く含まれているアミノ酸の一種「ベビーアミノ酸*」が配合されているので、保水バリア機能を守り、うるおいを抱えやすい肌へと整えてくれます。
※D-アミノ酸(D-グルタミン酸)(保湿)

粉ふきなど「王道乾燥」に......アクアレーベル ローヤルリッチエッセンス
つっぱり感がある、粉をふくといった肌におすすめの美容液です。コクがありながらも肌をほぐすようなみずみずしい感触で、肌をうるおいで満たしツヤ肌へと導きます。また、ほのかなローズミストの香りで肌も心も深い満足感に包まれますよ♪

ゴワゴワの「極度乾燥」に......専科 パーフェクトシルキーマスク
すでにゴワゴワの乾燥スパイラルに陥ってしまった肌には、持続的にうるおいを集中補給できる「マスク」の使用がおすすめ!
こちらのマスクには、とろみのある濃密な保湿美容液がたっぷり含まれているので、マスクをはがした後も、ぷるんと弾む肌に。シートはリッチな厚みがあり、プチプラとは思えない充実感があります。また、配合されている天然由来のシルクエッセンス*などにより、もっちりとなめらかなツヤ感まで得られますよ。
※ セリシン、加水分解シルク、グリセリン(保湿)

>>美容部員に聞いた! プチプラ保湿アイテムのおすすめポイントをもっと詳しく♪

バスタイムに「ながら美容」! 泡パックのススメ

浴室には蒸気が充満しているので、スチームをあてたように肌が柔らかくなり、保湿成分が肌全体に行き渡りやすくなります。さらに、お風呂に入ることで心身ともにゆったりリラックスできることも、バスタイム美容のメリットです。でも実はお風呂の蒸気で柔らかくなった肌には、保湿ケアに取り掛かるべき「保湿リミット」という時間制限が存在するって知っていましたか? その時間は、なんとたったの10分!

20~40代の女性を対象に、入浴前後の肌水分量の変化を測定した実験によると、お風呂上り後10分までは入浴前より皮ふ水分量が多かったのですが、10分以降はどんどんと水分量が減っていってしまうことが判明。

しかし入浴中に保湿することによって水分量を多く、長時間キープできるという結果に。

(専科調べ)

そんなバスタイムのスキンケアには、「専科 パーフェクトホイップマスク」がおすすめ。入浴中の洗顔後に塗って3分置いたら洗い流すだけ、という泡マスク。肌に泡が密着し、洗い流した後も、うるおいのヴェールでしっとり。入浴後の肌の急激な乾燥を防ぎ、次に使うスキンケアのなじみも良くなります。ケアはなるべく「時短」や「ながら」で済ませたい、でも保湿はしっかりしたいという人はぜひお試しを♪ 

>>気になる泡マスクの使用感や誕生の秘話はこちら♪

【メイク編】うるツヤ見えを叶えるレスキューメイク

ツヤツヤ感を演出! うるツヤベースメイクのコツ

メイクで肌のうるおいを演出するには、「素肌っぽさ」がポイント。厚塗りにならないようにベースを作り、テカリがちな部分をマットに抑えてツヤ感を引き立たせましょう。こうすることで、「テカリ」見えの心配がなく、自然なうるおい肌を演出できますよ♪

1. 青みのあるパール入り下地でくすみや色むらを抑えた後、薄づきで伸びがよくツヤ感のあるリキッドファンデーションでベースを作る。
2. 微細パールの入ったハイライトをブラシに取り、鼻筋と目の下〜頬骨の高い位置(写真赤枠)と、あご先にのせる。
3. テカリ補正やマット効果のある部分用下地を指に取り、小鼻部分になじませたら完成!

【使用化粧品】
下地:リバイタル グラナス イリデッセント ベース
ファンデーション:SHISEIDO シンクロスキン グロー ルミナイジング フリュイドファンデーション
ハイライト:プレイリスト スキンテクスチャーパウダー 3D ライト
テカリ補正(部分用):プレイリスト インスタントリップヴェール 10

>>1日中うるツヤ肌に見せるベースメイクの仕上がり画像はこちら!

乾燥による皮むけ・粉ふき肌をリペアする簡単テク

乾燥の気になるこの時期、ファンデーションを塗ったら、皮むけや粉ふきが目立ってしまう...そんな状態の時は、ファンデ選びや塗り方を見直しましょう! メイクの上からも使える便利アイテムもありますよ

・ファンデ選び&塗り方のポイント
乾燥する時のファンデーションは、パウダーよりもリキッドやクリームがおすすめ。また、保湿効果のある化粧下地に切り替えるのも効果的です。
パウダーファンデーションを使う時は、スポンジを滑らせるのではなく、トントンと優しく押さえるようになじませると、なめらかな仕上がりに。

・乾燥対策におすすめの便利アイテム
d プログラム アレルバリア ミスト
肌を守るオイル層とうるおいを与える化粧水層の2層が混ざり合い、瞬時にみずみずしい肌へ導くミストタイプの化粧水。吹きかけるだけで簡単に保湿ケアができます。メイクの上からも使えるので、日中の肌を守りながら化粧もちもアップ♪ 

d プログラム バームQQ
ごく少量手にとり、皮むけの気になるところにメイクの上からのせるだけで、ぴたっとリペアしてくれるバーム。植物オイルのバリア機能で肌のうるおいを保ち、カサカサした肌表面がなめらかに。

PLAYLIST スキンテクスチャーヴェール モイスチャーライジング
保湿もツヤのある肌の演出もできる「メイク上地」。メイクの上から使ってもヨレないので、気になる部分もツヤ肌に見せられるアイテムです。

>>湿度&気温の低下が肌の皮むけを招く! そのメカニズムって?

【ヘアケア編】髪のパサつきをなかったことに♪

脱・パサ髪! 美容のプロおすすめのツヤ髪アイテム

美容のプロも愛用している、毛先のパサパサを修復し、ツヤ感のあるみずみずしい髪をキープしてくれるアイテムをお届け♪

アヒリダ ヘアブリースアップ
リンスやコンディショナーの上から重ねて使うタイプの、インバストリートメント。キューティクルを引き締めて髪内部の栄養を逃さない効果アリ。静電気を抑えて、絡まりにくくまとまりのある髪にしてくれます。

アクラ ヘアリファイナー
髪を乾かす前につけると翌朝するっとまとまり、スタイリングしやすくなります。乾いた髪にも使えるうえ、小さくて持ち運びにも便利なので、髪の乾燥が気になる外出先で使うのも◎。

マキアージュ ドラマティックムードポーション
オイルタイプのボディー・ヘア・フレグランス。手のひら全体にオイルをのばして手ぐしをするだけで、束感のあるウェットな雰囲気に。残ったオイルはそのままボディや指先に使えます!

>>美容のプロのレビューはこちら♪

【ハンド・ネイルケア編】手のカサつきやささくれから卒業できるテク

意外と見られてる! 手の甲や指先を美しく保つためには

衣服に守られていない手元は、紫外線や乾燥の影響を受けやすいため、丁寧なお手入れが必要なパーツ。毎日のケアを心がけて、しっとりツヤツヤの手元美人を目指しましょう!

・ハンドクリームの前に化粧水!
乾燥した肌はハンドクリームがなじみにくいので、クリームを塗る前に化粧水で肌を整えるのがベター。化粧水をコットンに含ませて指先に巻く、ローションマスクもおすすめです。

・マッサージでうるおいをチャージ!
ハンドクリームは、手や指先をマッサージしながら塗るとより効果的。全身の血の巡りが良くなり、ぽかぽかと温まりますよ。アロマオイルを使ったマッサージなら、香りによるリラックス効果も♪

<ハンドマッサージ>

1. クリームを手に取り、手全体に円を描くように、6回さする。
2. 指先から、指の側面をはさんでさすり、上下にはさんで戻る。3回繰り返し、最後に指先を圧迫。3. 指を上下にはさみ、指先かららせんを描きながらもみ、側面をはさんで戻る。最後に爪の根元を圧迫。

4. 手の甲の骨の間を、手首に向かって1ヶ所3回づつ、さする。
5. 手のひら全体に、円を描くように6回さする。
6. 指をあて、手の甲側に3回倒し、手全体をストレッチすれば完了。

>>手元美人になるコツをもっと詳しく!

こまめな対策が爪の健康と美しさを保つポイント

ふと気付いたら爪の先がボロボロ......なんてことはありませんか? 爪にとっても乾燥は大敵! 二枚爪やささくれを防ぐには、毎日のケアが大切なのです。

・ささくれ対策は保湿がカギ
爪まわりのキューティクルが裂けることによってできる「ささくれ」は、保湿することで防ぐことができます。キューティクルオイルやハンドクリームは、爪までしっかり塗りこむようにしましょう。

・ファイル&ベースコートで爪を守る
「二枚爪」の原因は乾燥のほか、爪切りによる負荷やリムーバーの多用などが考えられます。爪を切る時はネイルファイル(やすり)を使い、ネイルポリッシュを塗る時はベースコートを塗ることで爪へのダメージを軽減できます。

・ネイルケアはこまめに♪
手を洗ったらすぐに保湿するなど、美しい爪を保つには毎日のネイルケアが大切。持ち運びしやすく外出時のお手入れにもぴったりな「インテグレート ポケットネールセラム」はおすすめのアイテム。ほんのり香るアロマに心が安らぎますよ♪

>>プロが教えるネイルケアの方法をもっと詳しく見る!

乾燥対策には、日々の地道なケアが大切。顔などの目立つ部分はもちろん、つい後回しにしてしまいがちな髪や指先までしっかりケアして、パーフェクトな"うるツヤ美人"を目指しましょう♪

【関連記事】
・ 超コスパ◎な「レシピスト」♪化粧水のセレブ使いでうるうる美肌にする美容家考案テク3選
・ 花粉&乾燥によるガビガビ肌が5分でモッチリ!乳液&コットンだけで今すぐできる「乳液湿布」って?

photo:shutterstock(1、3、4、7、8、11枚目)
●当記事は、編集部取材に基づいた情報です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

言葉でうまく表現できない時は、黙っていた方がよさそう。でも...もっと見る >