2017/10/07 20:00

食べ過ぎや血糖値の抑制効果も!食欲の秋こそ「もち麦ファースト」を

“もち麦ファースト”という言葉を知っていますか? 今、健康に近づける食品として“もち麦”に注目が集まっています。

このたび筆者は、『もち麦の健康効果新エビデンスを発表!今専門家が薦める正しい食事法“もち麦ファースト”啓発セミナー・実践レシピ試食会』に参加してきました。

セミナーでは、大妻女子大学家政学部の青江誠一郎先生が“もち麦ファーストのすすめ〜もち麦の機能性〜”というテーマで、もち麦の機能と健康効果について、最新のエビデンスを用いて解説。ここでは、その内容をご紹介します。

「もち麦ファースト」って?

“もち麦ファースト”とはその名前の通り、朝食(1日のはじめ=ファースト・ミール)にもち麦を食べること。もち麦には水溶性食物繊維である“β-グルカン”が豊富に含まれていて、青江先生によると、朝食で摂ることにより次のようなメリットがあるそうです。

(1)時計遺伝子をリセットして食事のリズムをつくる

(2)朝食の“セカンドミール効果”により昼食時の血糖上昇を抑制(昆布やゴボウなどの水溶性食物繊維と組み合わせると効果が増強します)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人づきあいがキーとなる日。この人と思ったら、わかりあえるま...もっと見る >