2017/11/10 07:00

うがいやマスクよりマイタケ!? 医師が解説…正しいインフルエンザ対策

寒くなってくると、周囲で風邪やインフルエンザの話題も増えてきますよね。例年、インフルエンザは秋から徐々に患者が増え、1〜2月に流行のピークを迎えるそうです。

ところが今年は、早くも9月に患者の報告があったのだとか……。9月15日の厚生労働省の発表によると、9月4日から10日までの1週間で小・中・高校や幼稚園、保育所より報告されたインフルエンザ患者は137人に上ったそうです。これは昨年の同じ時期に比べ、なんと5.7倍! このままだと、本格的にインフルエンザの流行がスタートする時期も前倒しになるかもしれません。きちんと予防することが大切ですね。

そこで今回は、『おおたけ消化器内科クリニック』院長で総合内科専門医の大竹真一郎先生に伺ったインフルエンザ対策についてご紹介します。

インフルエンザ対策…正しいのはどれ?

「実は、インフルエンザウイルスに感染しても症状が出なかったり、2〜3日の軽い症状で治ってしまったりするもケースも珍しくありません。しかしながら、命に関わることもある病気なので、正しく対策をすることが重要です」(大竹先生・以下「」内同)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >