2017/12/02 08:30

歯ブラシだけじゃ…虫歯リスク大!1本は持つべきワンタフトブラシとは

毎日、何気なく行っている“歯磨き”。きちんとまんべんなく磨けている自信はありますか?

「歯並びが悪い部分は、行き届いているか自信がない」と感じている方も多いのではないでしょうか。

歯ブラシが届きにくい親知らず周辺や、八重歯などの歯並びが不規則な部分に磨き残しがあると、口臭の原因となり、また、虫歯や歯周病のリスクもグンと高くなってしまいます。

そこで今回は歯科衛生士の筆者が、ぜひ一人一本常備してほしい“ワンタフトブラシ”についてご紹介します。

かゆいところに手が届く!? 「ワンタフトブラシ」とは…

ワンタフトブラシとは、筆のような形状の歯ブラシです。奥歯の後ろ側など通常の歯ブラシでは届きにくくプラーク(歯垢)が残りがちな部分の汚れも、ピンポイントで落とすことが可能です。

これ一本で全部の歯を一本一本磨くには時間がかかりますが、上手に使うことで、口の中全体をキレイに保つことができます。

ワンタフトブラシを効果的に使うコツ5つ

ワンタフトブラシを効果的に使うコツを5つご紹介します。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気よく自分をアピールすると、好感度アップ。体育会系のノリ...もっと見る >