楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/09/24 19:00

「盲腸」をナメると危険…胃腸炎と誤診で悪化→緊急手術も、「不要だから切除」は今や非常識

 日本人が生涯で15人に1人発症するという急性虫垂炎(以下、虫垂炎)。一般的には「盲腸」と呼ばれ、とても身近な疾患だが、7~9月の夏場にかけて患者が急増するのが特徴だという。虫垂炎の発症メカニズムや治療法について、江田クリニックの江田証院長は以下のように語る。

「盲腸とは、小腸と大腸のつなぎめにある袋状の部分を指します。その盲腸から飛び出している5センチほどの管状の部位が『虫垂』という器官です」(江田氏)

「盲腸」と呼ばれることも多い虫垂炎だが、厳密に言えば盲腸と虫垂は別の器官なのだ。そして、虫垂炎の主な原因となるのは“糞石”という物質である。

「糞石とは、便として排出されるはずだったものが石のように硬くなったもののことです。この糞石が虫垂の中に詰まると、その先が閉塞状態となってしまい、雑菌が繁殖し、炎症を起こしてしまいます。それが虫垂炎です。文豪・夏目漱石は学生時代に虫垂炎を患い、試験が受けられずに落第したというエピソードが残っているほど、昔から見られる疾患です」(同)

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

運気はやや不安定。いいかげんな人にふりまわされるかも。でも...もっと見る >