2017/11/29 19:00

宇宙飛行士に深刻な健康被害?脳が上方にずれる異変…

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、宇宙飛行士の野口聡一氏が2019年終わり頃から約半年間、国際宇宙ステーションに長期滞在すると発表しました。

 野口氏の宇宙飛行は3回目、国際宇宙ステーションへの長期滞在は2回目です。滞在中は日本実験棟「きぼう」でさまざまな実験を行ったり、日本の学校と中継で接続して宇宙から子どもたちにコメントを発信したりする予定です。

 人類初の人工衛星「スプートニク1号」の打ち上げは、今から60年前の1957年10月のことでした。

 当時は、米ソ冷戦時代。宇宙空間に電子機器を送り届けて地球を周回させるというアイデアは、アメリカが先行していました。しかし、それを知った旧ソビエト連邦は、アメリカに先んじることを最大の目標として、大陸間弾道ミサイルを改造してロケットを製造し、世界初となる人工衛星の打ち上げを成功させたのです。

●宇宙に長期滞在すると脳の構造に変化?

 驚いたことに、人類初の人工衛星打ち上げからわずか1カ月後の57年11月3日に、旧ソ連は「スプートニク2号」の打ち上げを行いました。スプートニク2号にはイヌが搭乗し、地球上の動物で初の宇宙飛行士となりました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

意見を押し通したくなる日。仕事面ではプラスだけど、プライベ...もっと見る >