2017/12/24 16:00

熟年婚活&結婚の理想と実態…老人ホームの「死ぬまでセックス」問題

 今年5月、63歳の阿川佐和子さんが6歳年上の元大学教授の男性と結婚したことが話題になった。かつて“結婚できない女”といわれた阿川さんの“熟年結婚”に祝福ムードが広まったように、近年は中高年の恋愛・結婚が肯定的に受け止められるようになってきている。

 実際、最近は熟年向けの婚活ビジネスも盛んで、中高年層の参加者が増加している。一方で、熟年世代が結婚相手に何を求め、どのような事情で婚活に励んでいるのかは、あまり知られていない。

 そんななか、熟年世代の婚活事情を6年以上前から取材し続け、今年6月に『熟年婚活』(KADOKAWA)を上梓したのが、作家の家田荘子さんだ。家田さんが目にした熟年世代の恋愛、そして婚活事情とは。

●デート代に800万円…金目当ての熟年女性も

 本書の取材のために、家田さんは東京や大阪の婚活バスツアー、婚活パーティー、婚活サロンなどに何度も足を運んだという。

「婚活ツアーや婚活パーティーの取材では、参加されている方々に許可をもらい、その人の人生もひっくるめて話をうかがうことが多かったですね。もちろん、婚活の理由やきっかけは人それぞれです。ただ、多くの方が『残された人生を厚みのあるものにしたい』と考え、新たなパートナーを探していたのが印象的でした」(家田さん)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

お誘いが多く人気者になれる日。美的センスも冴えるので、華や...もっと見る >