2018/02/13 16:00

キャバレーと日本人…銀座「白いばら」に行ったら大盛り上がりでメチャクチャ楽しかった

 ピンク映画、西洋のお城のようなラブホテル、赤線跡……。かつて日本全国のあちこちで見られた「昭和の遺産」というべき文化や風俗は、今や絶滅の危機に瀕している。

 それを象徴するのが、平成末期になっても東京・銀座に唯一現存していたグランドキャバレー「白いばら」の閉店だ。インターネット上でも話題となったように、白いばらは2018年1月10日をもって86年の歴史に幕を下ろした。

 いったい、グランドキャバレーとは、そして白いばらとはどういう店だったのか。閉店を前にした昨年12月中旬、実際に同店を訪れた。

●高度成長期に隆盛を迎えたキャバレーの衰退

 グランドキャバレー(以下、キャバレー)は、第二次世界大戦後の進駐軍向けサロンをルーツとする「大人の社交場」だ。店内にはステージがあり、きらびやかな照明のフロアをドレス姿の女性が行き来し、ボックス席には嬌声が響く。

 隆盛を迎えたのは高度経済成長期の1960年代で、全国各地に豪華な内装の大箱が続々と誕生。「キャバレー太郎」と呼ばれた福富太郎のハリウッドグループ、三経本社のロンドングループなど、全国チェーンも生まれた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >