2018/04/12 20:00

梅木氏、「女性と持つバッグのレベルは大抵相関」「セリーヌ以上を希望」ツイートが物議

 テック系オピニオンメディアを運営するThe Startup代表取締役の梅木雄平氏が自身のTwitterで、女性が持つバッグに対して持論を述べたところ、「この人に決めつけられたくない」「薄っぺらい男なんだと思う」などと炎上する騒ぎに発展している。

 問題になっているツイートは、4月7日に投稿されたもの。梅木氏は「ツッコミが入ってしまいそうですが」と前置きした上で、「女性と女性が持つブランドバッグのレベルは大抵相関している気がします。個人的にはセリーヌ以上を希望」とツイートした。

「セリーヌ」とは、1945年にパリで生まれたファッションブランド。オーダーメイド子ども靴専門店として創業を開始したが、1967年からはプレタポルテ(高級既製服)をスタートさせた。2008年にフィービー・ファイロがデザイナーに就任したところ、世界中で人気が爆発。定番のバッグ「ラゲージ」は30万円台後半という価格帯だ。

 その後、梅木氏はTwitterで「女性の高級ブランドバック序列(独自調べ)」と題するコメントを投稿。その序列によると、トップに「エルメス」、その下に「デルヴォー」「ヴァレクストラ」、さらに下に「フェンディ」「ロエベ」「シャネル」、そして4ブロック目に「セリーヌ」が登場。「ルイ・ヴィトン」や「プラダ」は「センス的に微妙」、「ミュウミュウ」は「25歳まで」と持論を展開し、「フルラ」には「超えられない壁」があるという。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

集中力を発揮すると、思わぬ成果を上げられそう。何か一つ目標...もっと見る >