2018/04/27 19:00

東京・白山は、やばい街だ

●太陽のない街

 白山というと都営地下鉄三田線の駅であり、水道橋から2駅目ということもあって、都心とはいえ、住んでいる人、通勤通学で通う人以外はあまり行かない駅かもしれない。だが戦前は花街として栄えたところなのだ。

 地理的には、東側を本郷西片、向丘、本駒込といった丘の上の高級住宅地から下ってきた低地である。低地なのに白山という地名なのは、白山神社があるからだ。白山三丁目には小石川植物園があるが、植物園の西側が小石川という川の暗渠である。豊島区の長崎方面を源流とする谷端川(やばたがわ)が池袋あたりを蛇行して大塚の三業地を経て、南下すると小石川と名を変える。

 そして小石川後楽園や東京ドームあたりを流れて神田川に合流する。江戸時代の初期にはこの小石川まで入江だったという。この小石川沿いは工場地帯であり、印刷工場などが多かった。徳永直の小説『太陽のない街』もこのあたりの印刷工場が舞台である。

 なお、東京ドームは30年ほど前までは後楽園球場、戦後は隣に遊園地としての後楽園が追加されていたが、1937年に球場が出来る前は陸軍砲兵工廠(こうしょう)であり、その前は水戸藩の上屋敷だった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気よく自分をアピールすると、好感度アップ。体育会系のノリ...もっと見る >