2018/12/31 23:00

日本人が知らない年越し蕎麦(そば)の“秘密”…食べると年収が増える?

 大晦日に「年越し蕎麦」と称して蕎麦を食べる習わしは、今や全国的なものとなっている。その由来については諸説あり、いまだ定説を見ないが、そのなかのいくつかを紹介したい。

 もっとも古いものは鎌倉期に端を発する、博多の承天寺において年越しすら困難な貧民に「蕎麦餅」を振る舞ったのを始まりとするものである。同寺は円爾(聖一国師)を開祖とする禅寺であり、当時博多に住み日宋貿易によって財をなした南宋の商人・謝国明が支援したことで知られている。なお、この謝国明が「世直し蕎麦」として振る舞ったものを年越し蕎麦の嚆矢とする話もある。

 次は室町期を起源とするもので、「関東三長者」のひとりである増渕民部が大晦日に蕎麦を振る舞ったのを始まりとする説である。また、それに際して「世の中に めでたいものは蕎麦の種 花咲き実りみかどおさまる」と詠んだという説話である。この一首は「みかど」が掛詞になっており、蕎麦の実が三角形であることを示す「みかど」と天皇の「みかど」が掛けられている。なお、この折に食されたのは蕎麦がきであったという。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

仕事で結果が出やすい日。今の作業に一区切りつけて、これから...もっと見る >