2019/01/21 12:00

私が、母親が苦しむ延命治療ではなく、「看取り介護」による安らかな死を選んだ理由

●食事を受けつけなくなる→点滴→痰が増えて苦しむ

 医師から、今後の方針の確認があった。

「食事を受けつけなくなると、死期は近くなります。点滴で栄養を補給するという方法もありますが、どうしますか?」

 母は日本尊厳死協会の会員で、終末期医療における延命治療を希望しない旨が明記された事前指示書(リビング・ウィル)にサインをしている。特養に入った頃にはすでに母の認知症が進行しており、本人はリビング・ウィルの意味さえ忘れていることを考えれば、母の意志と言えるのかどうかという一瞬の迷いもあったが、やはり元気だった母の意向を汲むことに決めた。

「自然に任せる」と伝えると、母の担当看護師が言った。

「自然に任せたほうが、ご本人も苦しまなくてすむんですよ」

 へえ、そういうものなのかと驚いた。
 
 病院では一般的に、食べたり飲んだりできなくなれば、点滴などによって栄養や水分を補給する。ホームの看護師が言うのは、病院で点滴治療をすると、かえって痰が増えて苦しむのだという。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ゆったり気分でノンビリ過ごせそう。仕事はさっさと切り上げて...もっと見る >