2019/02/07 06:00

文章を読むのが遅い人に共通の“驚きの原因”が判明

 健康寿命を延ばすには(運動や食事よりも)読書が大事――そんな驚きの提言が、昨年10月に放送されたテレビ番組『NHKスペシャル -AIに聞いてみた どうすんのよ!? ニッポン-』(NHK総合)で紹介された。

 延べ41万人の高齢者データをAI解析したところ、従来の「運動・食事」の健康対策よりも、「読書」の重要性が示されたという。番組内では、約3600人(50歳以上)を対象とした米イェール大学の追跡調査「読書と長寿の関連性」が紹介され、「(読書習慣のない人よりも)読書習慣のある人のほうが、23カ月寿命が長い」との結果が紹介されたのだ。

 そんな読書習慣のメリットを知れば、読書の意欲もさらに湧いてくる人も増えると思われるが、その前に、医学雑誌「Optometry and Vision Science」(2018年11月15日)に掲載された、米ジョンズ・ホプキンス大学眼科のシーゼン・カラクス氏らの「読書スピードとドライアイ」という興味深い研究を紹介しよう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

おおらかな気持ちで楽しく過ごせそう。アフター5はグルメマッ...もっと見る >