2019/02/14 21:00

“池袋東口暴走事件”確定判決から考える「てんかん」という病気の本当の姿

 2018年11月13日、ある“交通犯罪”の判決が確定した。2015年8月に起きた“池袋東口暴走事件”。この事件において、自動車運転処罰法における危険運転致死傷罪を犯した容疑で逮捕、その後起訴された53歳(当時)の男性医師に対する刑事裁判の上告審判決が下り、最高裁は上告を棄却、懲役5年の実刑判決が確定したのだ。

 この事件でポイントとなったのは、脳に関する神経疾患のひとつである「てんかん」。男性医師にはてんかんの持病があり、事件当日の夕方分の薬を飲み忘れていたという。そのためか、事件直前にてんかんの発作が起き、男性医師の運転するベンツは暴走、結果として1人が死亡し4人が重軽傷を負う大惨事となったのである。

 これを受けてネット上などでは、「そもそもてんかん患者が免許を取れること自体がおかしい」といった過激な意見も出た。しかし、そもそもてんかん患者が一定の条件のもとで運転免許を取得できることになったのが2002年と比較的新しく、「適切な治療、投薬を続ければ発作を抑えることも可能であり、一律に免許取得を禁止するのは重大な人権侵害である」といった指摘もある。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >