2019/02/16 11:00

甘いものやジャンクフードが、なぜか「欲しくならなくなる」簡単な方法

 甘いものを代表とするジャンクフード。ストレスが溜まっているときや疲れているときは特に食べたくなるもの。「甘いものが食べたいってことは、脳が糖分を必要としているってことだから、食べていいんだよ!」などと、ちょっと科学的に聞こえる、まことしやかな大義名分を用意して、多少の罪悪感にかられながらも食べてしまう方も多いのではないでしょうか。

 でも本当に脳が欲しているから食べたくなるのでしょうか? 実は、そうでもなさそうだということを示す研究があります。

 カナダのウォータールー大学のロウらの研究チームは、ジャンクフードを食べたいという気持ちになってしまう原因は、脳の機能低下にあるということを明らかにしました。被験者らの左の背外側前頭前皮質の機能を一時的に低下させると、カロリーが高い食べ物を欲するようになるだけでなく、実食においてもジャンクフードを食べる傾向がありました。

 背外側前頭前皮質という脳の部位は、いわゆる前頭葉の前側にあり、ワーキングメモリ、注意・集中力、判断力などと関係があります。脳は中心に行くほど原始的な動物に近い働きになり、外側に行くほど人間らしい脳になっていきます。前頭葉はまさに人間らしい脳で、脳の中心のほうで沸き起こってきた感情を抑制する働きがあります。したがって、その機能が低下すると、普段は「悪いからやめよう」「我慢しよう」と思っていることについて判断が鈍り、我慢ができなくなってしまうのです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

仕事で結果が出やすい日。今の作業に一区切りつけて、これから...もっと見る >