2017/07/03 11:15

ディオール70周年、華麗なるメゾンの歴史を大回顧展で一気に

服は、毎日身につけるもの。こうして原稿を書いている今ももちろん服を着ています。あまりの身近さから忘れてしまうこともありますが、ファッションには時代を動かす力があり、文化の1つです。2017年7月5日から「パリ装飾芸術美術館」で開催される「ディオール」のデビュー コレクション発表から70周年を祝したエキシビションは、まさにそれを表しています。

20170626_dior_1.jpg20170626_dior_2.jpg
写真は共にクリスチャン・ディオールがデザインしたもの。上から、「Junon」ドレス、オートクチュール(1949年秋冬)、「Opera Bouffe」ドレス、オートクチュール(1956年秋冬)。共にディオール ヘリテージ。

ドレスから香水瓶に至るまで。ディオールのすべてが結集

40周年の際にもこうした回顧展が開催されましたが、今回の『夢のクチュリエ』展は規模が違う。3,000平方メートル近いスペースを使うという同美術館初の試みで、会場には、1947年の創業当時から現代に至るまでの300点以上のオートクチュール ドレスや、帽子やジュエリー、シューズ、香水瓶、さらにはアトリエで使用された生地なども展示されます。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

身勝手にふるまってしまいそう。しばられたくなくても、場の調...もっと見る >