2017/07/16 18:45

南仏の街でワインとともに。70年続くアヴィニョンの演劇祭

陽光を浴びた石畳の広場、白いパラソルの下でアペリティフを楽しむ大勢の人びと。典型的なフランスの夏のバカンスの光景です。

パリ・リヨン駅からTGVで約2時間40分に位置するアヴィニョンでは、毎年7月に演劇祭が3週間開催されます。今年71回目を迎えるこのフェスティバルは、世界各国から舞台人が集結し、なんといってもそのロケーションが素晴らしいことで有名です。

歴史的建築の大階段に腰を下ろし、夜のとばりのなか舞台を鑑賞する。これこそ大人の知的好奇心をくすぐるリュクスではないでしょうか?

20170715_avignon_3.jpg
(c) Christoph Raynaud de Lage

演劇祭が支持される歴史

フランスにいながらイタリアの雰囲気を味わえる特異なエリア、それがアヴィニョンです。

14世紀初頭、ローマ教皇が、後の70年間をローマからフランスに居を移すことを余儀なくされた場所。当時この地に建設された法王庁宮殿を筆頭に、イタリアのフレスコ画をはじめとする贅沢な絵画、調度品が集められ、学問や文化が栄えました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情のアップダウンが激しくなりそう。怒りのあまり八つ当たり...もっと見る >