2017/07/27 18:45

セリーヌ・ディオンだってそう。大事な人を亡くした後の人生の歩み方

大切な人を亡くす。不慮の事故、病気などでパートナーとの永遠の別れを受け止めるのは厳しいことです。

「相手の死の向こう側にある人生」について考えたことはありますか。残された者として、悔いや悲しみだけで日々を過ごしていくか否か? どのようにメンタルを整えるかでその後の人生は大きく変化します。セレブリティであってもこれは同じ。彼女たちの言葉やヒストリーから得られるヒントをご紹介します。

セリーヌ・ディオン 49歳

パリのファッションウィークでは、ファッションスタイル、二人の双子の息子とのスリーショット、噂される年下ダンサーとのツーショットなどで多くのメディアを賑わせました。しかし、かつて家族のそばにいることを選び一線を退いていたシンガーが、メディアへの復活を遂げたあと、彼女を待っていたのは、今日のような穏やかなシーンではありませんでした。

2016年、かねてより療養中だったマネージャーでもある最愛の夫を亡くし、その死から数日後、セリーヌは実の兄も亡くしています。説明不要の大きな成功を収め、常連となったフォーブスの長者番付では、2016年も変わらずランキング入り。セリーヌが数々のヒットと名声を手に入れることができたのも、パートナーと歩んできたこその結果です。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

お誘いが多く人気者になれる日。美的センスも冴えるので、華や...もっと見る >