2017/08/03 16:45

建築はデザイン、それともアート? 戦後住宅の変遷を感じとる

大学時代、「デザインを学んでいます」と初めてお会いした方に話すと、その返答は8割がたの確率で「ファッションですか?」というものだった。

なぜファッション限定? と大きなクエスチョンマークが頭を駆けめぐった。

というのも、我が家は父が建築士だったこともあり、家の中にある椅子でも机でも、デザイナーらによって「デザインされたプロダクト」がいくつも存在していたから(いま思えばそれも偏った環境だったのかもしれない)。が、一般的にはファッションの方が「デザインされたもの」に結びつきやすいということに、このとき気がついた。ただしオートクチュールやファッションショーのようなものについては、「アート」として捉える方がしっくりくる(デザインを「商業・工業」という捉え方をした場合、そのように私は解釈している)。

デザインか、アートか。

これはしばしば論議される議題なのだが、今回はさらに思考を進めて、建築家によるプロダクト=建築は、デザインか、アートか、について考えたい。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優柔不断になりやすい今日のあなた。あわせてばかりではチャン...もっと見る >