2017/08/26 11:15

日本人がクリエイティブディレクターを務める伊ブランド、始動!

1986年にエンニョ・カパサが創立したイタリアブランド「CoSTUME NATIONAL(コスチューム ナショナル)」。30周年を迎えた昨年、エンニョが退任。ブランドを率いるクリエイティブディレクターを誰が務めるのかと注目が集まっていたところ、今春、発表された人事に驚きました。ウィメンズは「YASUTOSHI EZUMI(ヤストシ エズミ)」の江角泰俊さん、メンズは「FACTOTUM(ファクトタム)」の有働幸司さん、2人の日本人が担うことに。歴史あるイタリアブランドを、日本人が作るのです。

20170824_costumenational_3.jpg
2017年秋冬コレクションより。コート130,000円、パンツ59,000円、チョーカー 価格未定、ブーツ 参考商品(すべて税抜)。

なぜ日本人が選ばれた?

この背景にあるのは、エンニョと日本とのつながり。彼は自身のブランド設立前に「ヨウジヤマモト」に在籍し、その際、日本の文化や服作りに影響を受けました。なかでも禅の思想や水墨画の色使いに感銘を受けたとされ、それらはモノトーンな色使いや光の陰影を重視したスタイリングに表れています。日本人デザイナーをチームに迎えることで、イタリアと日本の文化、またクラフトマンシップとテクノロジーを融合させ、ブランドの再構築を図ってゆくのだそう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの長所を生かせそうな日。好きなことに一生懸命取り組む...もっと見る >