2017/09/29 18:45

JIMMY CHOOのコラボシューズ。素敵と感じた瞬間に手に入れたい

たった1年でずいぶんと風向きが変わってきたな、と感じました。ファッションウィークにランウェイで発表されたアイテムがすぐに買える「See Now, Buy Now」に対する各ブランドのスタンスについてです。

事の発端は、2015年12月。従来、一部のファッション業界人に向けて発表されてきたファッションショーを、ソーシャルメディア時代の消費者を視野に入れていくと、米国ファッション協議会が発表。これにいち早く呼応を表明したのが「バーバリー」。その後、「トム・フォード」や「マイケル・コース」などが続きました。

こういった流れに対し懐疑的な姿勢をとったのが、パリ。ショーを見た顧客がじっくりと時間をかけて吟味する間に、工房のスタッフが生産し、エディターがその作品を美しく写真で表現するのだから、と主張していました。

あれから1年、See Now, Buy Nowの波は、パリにも少しずつ広がっているように思います

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気よく自分をアピールすると、好感度アップ。体育会系のノリ...もっと見る >