2017/12/24 18:45

シャンドンの香りが口いっぱいに広がる極上生チョコ

チョコレートの種類が充実する冬は、私の好きなシーズン。特に、口どけが魅力の生チョコはこの時期に楽しみたいですね。大人の女性におすすめの極上の生チョコが、自由が丘のチョコレート専門店「マジドゥショコラ」から発売されます。

香りがテーマのBean to Bar

20171225_chocolate_1.jpg

原材料であるカカオ豆の特性をより生かすため、Bean to Bar製法にこだわっている「マジドゥショコラ」。食べる人すべてに新しい発見をしてもらえるような商品を開発しているそう。新商品のテーマは「香り」。さまざまな素材とのマリアージュを楽しむフレーバーチョコが登場しました。「燻」「柚子」「キャラメル」「和三盆」「花火」「ダークミルク」の6種類です。

「燻」は、カカオ豆の焙煎時、ロースト時間を秒単位で調整し、桜や林檎などの燻煙材で香りづけしたもの。燻製の香りがふわりとするチョコレートでした。予想を裏切る味わいだったのが「柚子」です。カカオがフルーツだったと改めて思い出させてくれる果実味に、柚子の甘酸っぱさが広がります。そして、口の中でぱちぱちはじける「花火」。食感がとてもユニークで、なんだか幼いころに食べたはじけるキャンディのようでした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

言葉でうまく表現できない時は、黙っていた方がよさそう。でも...もっと見る >