2018/04/06 11:15

まるで恋人探し。グーグルの「最高の人材獲得」4つのルール

2018_0405_recruit_google_01jpg

グーグル、アマゾン、アップルといった世界的有名企業の社内制度は、常に注目の的。それらの企業とは無縁な人にとっても、参考になる内容が多いものです。

今回ご紹介するのは、グーグルの元人事が著書の中で紹介していた“最高の人材”を獲得するための採用ルール。毎年世界中から200万人を超える応募者が殺到する同社で、最終的に採用されるのはたった数千人だと言われています。厳選された数千人の“超優秀な人材”は、いったい何が決め手となったのでしょうか?

「もはや科学と呼べるレベル」。グーグルの採用プロセス

元グーグル人事トップのラズロ・ボック(Laszlo Bock)氏は、2015年に出版した著書『ワーク・ルールズ!──君の生き方とリーダーシップを変える(原題:Work Rules!)』の中で同社の採用プロセスで大切にしている基本方針を明かしました。

この方針は、今でもグーグルとその親会社アルファベットに引き継がれているといいます。今でこそ洗練された採用プロセスが確立されている同社ですが、最初はかなりの時間を費やして試行錯誤していたそう。その苦労の甲斐あって、グーグルの採用プロセスは「もはや科学と呼べるレベルに到達している」とボック氏は胸を張ります。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

オイシイ物を食べたり、いい音楽を聴いたり、五感が満足するプ...もっと見る >