2018/03/29 20:45

どうなる閉経・更年期? 40代カラダの不安は婦人科検診でスッキリ

40代をむかえ、ライフステージや仕事にあらたな変化が訪れる一方、女性ならではの身体の内側の変化にも目をむけたい時期です。とくに、女性特有のトラブルには、定期的な婦人科検診での早期発見が大切。自覚のないまま病気が進行すると、将来の仕事や出産にも大きな影響を与えかねません。

女性医療ジャーナリスト・増田美加さんが教える、予防、早期発見のためのポイントを「MYLOHAS」より紹介します。

婦人科のかかりつけ医をもっていますか?

20180328_ml_2photo by Shutterstock

女性の身体、心、肌は、女性ホルモンの働きと密接に関わっています。女性ホルモンの分泌バランスが崩れると、生理不順、肩こり、冷えといった身体の不調、イライラ、不眠、うつっぽいといった心の不調、肌あれ、乾燥といった肌の不調をまねくときもあります。

30代以降、大きく変化していく女性のカラダ。とくに、加齢による女性ホルモンの低下は自律神経にストレスを与え、動悸、頭痛、ほてりなどの更年期障害の症状を引き起こします。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

友達とのオシャベリが楽しい。お勧めのショップや面白いTVな...もっと見る >