2018/04/07 11:30

リソース、コンパス、タイミング。羽ばたくための未来予測技法

「飛行機の実現までには百万年から一千万年はかかるだろう」と、『ニューヨーク・タイムズ』が掲載してからわずか数週間後、ライト兄弟は人類で初めて空を飛んだのだとか。一流紙が、なぜそんなことを自信満々に書けたのだと、当時の人々は笑ったといいます。

人間はそのくらい未来を見誤りがちなものですが、できることなら適切な予測をして、新しい社会やビジネスを生み出していきたい——。佐藤航陽著『未来予測の技法』より、より的確に未来を予測するためのポイントを紹介します。

変化に対応しつつ未来予測を的確に行う

20180407_book_1

リーンスタートアップでは、そもそも計画することを放棄します。計画を作成しても、変化が速すぎてまったく役に立たないからです。それならばいっそのこと「未来は予測可能である」という前提を捨て、変化が起きたときにすばやく対応し、修正を重ねていけばいいというのがリーンスタートアップの概要です。

53~54ページより引用

現代社会では、予測どおりにいかないことがさまざまに起きています。それは、人の教育などについてもいえるところです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ゆったり気分でノンビリ過ごせそう。仕事はさっさと切り上げて...もっと見る >