2018/04/12 11:15

時間外の仕事メールには返事しなくてヨシ。NYCの法案が反響を呼びそう

わたしも含め、1日のうち、睡眠時間の次に多く費やしているのが、スマホやPCを見ているスクリーンタイムではないでしょうか。

公私のけじめをつけたいとデジタルデトックスを考えてみても、至急の仕事や上司や部下からの緊急連絡があったらと思うと、なかなか実行に移せません。

時間外の仕事メールには返信しなくてもいい

20180412_nycmail_1

そんなジレンマを解決してくれそうな法案が、いまニューヨーク市議会に提出されているそうです。

その名も、「Right to Disconnect Bill」。つまり、メールや携帯メールの電源を切る権利、接続しない権利を保障するというものです。

社員10名以上の民間企業が対象で、時間外の携帯メールやEメールに返答しなくても社員は解雇など不当な扱いを受けないことが提案されています。

「インディペンデント」に掲載された記事では、時間外のメール対応で社員が費やす時間は週に8時間にも及ぶというデータが挙げられています。これでは、プライベートで、まる1日の就業時間にあたる8時間を時間外労働として費やしている計算になります。1か月で、32時間!?

今日の運勢

おひつじ座

全体運

突飛な行動をとってしまいそうな日。場をわきまえないと、変な...もっと見る >