2018/04/25 10:15

まずは正直者であれ。「100人100通り」の働き方を叶えるチーム術

201804_team_cybozu2_top

チームワークが発揮できる組織を目指してさまざまな改革に取り組むうちに、多様な働き方ができる会社へと変化してきたサイボウズ。メンバーの声に耳を傾け、研究と議論を重ね、「100人100通り」の柔軟なワークスタイルを選択できるようになりました。

ここでふと気になったのは、価値観も働き方も異なるメンバーが、チームとしてうまく機能するのだろうか、という疑問。

前回に続き、サイボウズチームワーク総研の椋田亜砂美さんにお聞きします。

正直者ならうまくいく!

201804_team_cybozu2_0664サイボウズ株式会社チームワーク総研アドバイザーの椋田亜砂美さん

サイボウズには、最長6年間の育児・介護休暇制度や時短勤務、在宅勤務、副業の許可、子連れ出勤制度など、ライフステージに合わせた働き方をバックアップする制度が充実。どれもチームワークの向上と人材の定着を目標に改革を進めるなかで、整備されてきたものです。

「ここまで働き方が多様になると、メンバー間の信頼関係が必須になります。在宅勤務とか言って本当は寝てるんじゃないの? 遊んでるんじゃないの? なんてことを言い出すとキリがないわけです。チームを成り立たせるためには『公明正大』であることが前提。つまり、嘘をつかない、隠し事をしない。寝坊して会議に遅れたなら『寝坊しました』と言えばいい。取り繕うことに時間を使うより、包み隠さずオープンにしたほうがお互いにとってラクなんです」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ロマンチックな気分の日。恋愛映画をみたり、音楽に浸って過ご...もっと見る >