2018/05/07 05:15

人生後半に強いカラダをつくるには。 究極の持久力がカギに

年齢を重ねるごとに進む体力や持久力の衰えに、もう仕方ないと諦めの境地になることがあります。年齢に負けない強さを、どのようにしたら手に入れることができるのでしょうか。鏑木毅著『日常をポジティブに変える 究極の持久力』 より、持久力の鍛え方についてご紹介します。

持久力のカギは「抗酸化」「低糖」「食事改善」

しかし一方で、これまで培ってきた知識や経験から、私にはひとつ確信していることがあります。それは、筋力や瞬発力の衰えは避けられなくても、「持久力は何歳になっても向上できる」ということです。中略

なお、ここでいうところの「持久力」とは、単に心肺機能を指す言葉ではなく、できるだけ長く動き続けることができる能力のこと。それはつまり、体脂肪を効率的にエネルギーに変えられる、脂肪燃焼率を意味しています。

1~2・26ページより引用

本書を執筆している間に49歳の誕生日を迎えた著者は、今でも現役のトレイルランナーとして100マイル(160キロ)の道を走りぬいています。そんな著者には、よく、どうしてその年齢まで体力が衰えないのかといった質問が投げかけるといいます。年齢とともに筋力や瞬発力は衰えていくのが自然ですが、持久力は年齢に打ち勝っていくことができるようです。そして、疲れない身体とアタマを保ち続けるカギは、「抗酸化」「低糖」「食事改善」にあるのだとか。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

コミュニケーション運好調。オモシロそうな人を見つけたら、明...もっと見る >