2018/05/10 18:15

信頼に足る輝き。AIによるダイヤモンド鑑定、日本に初導入

人間としてはちょっぴり悔しいけれど、いいサービスだな。そんな風に感じたのが、ジェエリーブランド「ケイウノ」が日本で初めて導入したAI(人工知能)によるダイヤモンド鑑定。

人間の仕事を機械が担うようになると言われて久しい昨今。マイケル・A・オズボーン准教授(オックスフォード大学)の2014年の研究発表によれば、今後10〜20年程度で米国の総雇用者の約47%の仕事が自動化されるとされており、准教授と同様の分析手法を用いた野村総合研究所調べによれば、日本でも労働人口の約49%がAIやロボットなどで代替可能になる可能性が高いことがわかっています。

鑑定をAIが行う意義

なぜ、AIがダイヤモンド鑑定産業に取り入れられることになったのか。それは、これまで、鑑定するにあたって、国や地域、個人によって結果にわずかな差が出ていたことから、世界基準の安定した客観的な鑑定が求められてきたからです。

こうしてダイヤモンド関連高精密機材メーカーの世界トップ企業であるサリネ・テクノロジー社で行われたのが、人間の鑑定士とAIによる、ダイヤモンド鑑定の比較検証(余談ですが、イスラエルは、「全世界で宝飾品として使われる小型ダイヤの約80%がイスラエル製」と言われるほどのダイヤモンド大国です)。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

考えすぎて神経質になってしまいそう。周囲の影響にも敏感なの...もっと見る >