2018/06/01 05:15

「週一納豆」が身を助ける。納豆の驚くべきパワー

納豆、好きですか? 納豆は、食卓の主役にも、なにかもう一品というときにも役立つ手軽な筋活食材。納豆ってカラダによさそうなイメージがありますが、具体的にはどうなのでしょう。今すぐ納豆を買いに行きたくなる驚くべきパワーを「MYLOHAS」から紹介します。

週一納豆で脳卒中の死亡リスクが減る

週1~2回、納豆を食べるだけで、脳卒中による死亡リスクが3割減少する──。この調査結果は、岐阜大学の永田知里教授(医学系研究科、疫学・予防医学分野)のチームが日本人約3万人を16年間追跡研究して導き出したもの(※1)。納豆35g入りパックを週1~2回食べる人は、ほとんど納豆を食べない人にくらべて、脳卒中による死亡リスクが32%も低かったといいます。

「MYLOHAS」より引用

脳卒中とは、脳の血管が詰まる「脳梗塞」や、脳の血管が破れて出血する「脳出血」「くも膜下出血」のこと。高齢者に多い病気だと思われがちですが、実は、働き盛りの若い世代にも発症者が年々増えているそう。納豆には「ナットウキナーゼ」という健康成分が含まれており、血栓を溶解させる作用があります。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

インスピレーションを大切に。理由がなくてもピンときたことに...もっと見る >