2019/01/20 05:15

誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

どんな人にも表と裏の人格が、多少なりともあるものです。そんな人間たちが織り成してきた歴史だからこそ、「すごい」と「やばい」の両面が当然あるのでしょう。

Image via Shutterstock

本郷和人著『東大教授がおしえる やばい日本史』 には、歴史上の主要人物の「すごい」と「やばい」がさまざまに紹介されています。

著者は、東京大学史料編纂所の教授で、専門は日本中世史。多数メディアにも出演していて、NHK大河ドラマやアニメ・漫画において、数々の時代考証を担当した経歴の持ち主です。

切り口はユニークですが、学術的にはしっかりと詰められた内容。ラフに楽しみながら日本史を学ぶことができる一冊です。

歴史上の有名人だって、欠点はある!

たとえば、総理大臣を二度務めて早稲田大学を作ったかの大隈重信はこう言いました。

「わたしは明治維新の立役者となった西郷隆盛や大久保利通といった人物と仕事をしてきた。世の中ではかれらは英雄と言うけれども、やはりかれらも『一人の生きた人間』であった。すぐれた点もあるけれど、短所だってあったのである。」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

静かな情熱を持って、取り組める日。好きなアーティストのライ...もっと見る >