楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/11/28 16:30

フード界の最先端の取り組みってもうここまで進んでいたの? 想像を超える未来の「食」事情

2050年、国連の予測では、世界人口はほぼ100億人に達するといわれています。

「人口増加による食糧不足」といった危惧も広がるなかで、日本を含む先進国では食品廃棄量が膨れ上がるばかり。こうした状況を根本から変えるには、私たちの想像を超えるイノベーションが必要なのかもしれません。

2019年11月7日・8日に開催されたビジネスカンファレンス「MASHING UP vol.3」では、そんな「未来の食」の在り方について、フード界の最先端で「食」と向き合うスピーカー陣がトークセッションを繰り広げました。

トークセッション「『未来の食』が、私たちの想像を遥かに超えていた – アイデアとテクノロジーと情熱が変えるこれからの『食』」に登壇したのは、Mizkan Holdingsの塚田恭明さん、たべものCo.の菊池紳さん、電通の榊良祐さん。

モデレーターは、食や農林水産業をテーマにした学びと対話の場「霞ヶ関ばたけ」を運営する松尾真奈さんです。松尾さんは、シェアハウスで暮らす一児の母。「未来の食の環境を変えていく、新しいアイデアを生み出す時間にしたい」と話します。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

運気はやや不安定。いいかげんな人にふりまわされるかも。でも...もっと見る >