2019/01/21 11:00

転職は空白期間があると不利になる?面接を乗り切るポイントとは

転職活動が思いのほか難航したり、病気で働けない期間ができたり。こうして生じた働いていない空白期間は、転職で不利になってしまうのでしょうか。ここでは空白期間がある場合の転職活動について、注意点や対策を解説していきます。

空白期間のある転職は不利?

病気や家庭事情、あるいは転職活動の難航などを理由に、どうしても空白期間が生じるケースがあります。そうした場合、「空白期間が不利になってしまうのでは」と不安になるかもしれません。
結論から言えば、空白期間が転職時に不利となる可能性は考えられます。特に大きな理由として挙げられるのは、空白期間の分だけ経歴が少なくなること。空白期間のない人に比べれば、期間分の経験差がネックとなる場合があるでしょう。そのほか、空白期間が採用するうえでリスクと捉えられることは少なくありません。実際のところ、経歴書で空白期間の有無を見るという人事担当者は多く見られます。この不利を払拭するには、「なぜ空白期間があるのか」について、人事担当者が納得できる理由を持つことが必要です。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

コミュニケーション運好調。オモシロそうな人を見つけたら、明...もっと見る >