2019/01/22 11:00

転職で失敗しないために!後悔するパターンと対策を知っておこう

転職が必ず成功に繋がるとは限りません。中には転職後、働き始めてから後悔してしまう人も多く見られます。では、なぜ転職して後悔することになるのでしょうか。よくある後悔のパターンと、後悔しないためにできる対策をご紹介します。

転職しなければよかったと後悔するパターン5つ

まずは転職で後悔するパターンについて、詳しく見ていきましょう。ここでは具体的に、5つのパターンについて取り上げます。

1.仕事内容のミスマッチ

特に未経験の職種にチャレンジする場合、いざ仕事に従事してみて「イメージが違った」「自分には合っていない気がする」とミスマッチを感じることが少なくありません。たとえ経験のある職種でも、企業によって仕事の進め方や内容は異なる部分があり、同様にミスマッチを感じる可能性は考えられるでしょう。

2.労働条件の相違

労働条件については、基本的に採用の段階で詳しく説明されます。しかし、その際に聞き漏れや見落としがあれば、入社後に条件の相違が生まれることがあるでしょう。例えば残業代がみなしとして含まれていたり、ボーナスの支給がなかったり。あるいは入社後に給与額の変更を求められるなど、トラブルの起きやすいパターンです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

忙しく走りまわるわりには、実りが少ないかも。余計なことには...もっと見る >