2019/01/31 11:00

書類選考は履歴書で決まる!転職活動での正しい履歴書の作成法

また絶対にしてはいけないのが経歴詐称です。
実務経験やスキルは十分でも、学歴の部分で大卒以上の要件を満たしていないという場合があります。
「どうせ調べないだろう」などと安易な気持ちで最終学歴を大卒と記載してしまったらどうでしょう?もし内定後にその事実が発覚した場合、内定取り消しの可能性は高く、告発されることもあり得ます。

転職活動での履歴書の書き方 職歴欄

学歴・職歴をまとめて記載するフォーマットの場合、学歴と1行空けてください。職歴のタイトルは学歴と同様に左右センターで記入します。
学歴と職歴が別枠になっている場合は、1行目に職歴とタイトルをおきます。

内容は入社から現在までを箇条書きで記載します。
社歴が浅く、アピールできる内容が少ない場合は仕事内容・異動歴・研修で学んだことなどを箇条書きにすることをおすすめします。入社以後の成長が感じられるよう意識しましょう。

アルバイト経験も十分なアピール材料として使える可能性あり

職歴として記載できるのは正社員としてのものに限るのが一般的ですが、社歴が浅く記載できる内容が乏しい場合、「自分にとって特別なスキルを獲得した」「キャリアビジョンを描く動機付けになった経験である」などに該当するものであれば、アルバイト経験を職歴として記載できます。その場合は、十分なアピール材料となるよう具体的に記載しましょう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭でばかり考えようとすると、本当のことがわからなくなりそう...もっと見る >