2018/02/16 12:00

学童保育のアルバイトについて解説!必要スキルやメリットは?

子供にかかわる仕事のひとつに学童保育があります。あまり馴染みのないアルバイトかもしれませんが、どのような仕事なのでしょうか?また資格は必要ないのでしょうか?学童保育のアルバイトの仕事や必要なスキルなどについて紹介します。

学童保育のアルバイトはどんなことをする?

学童保育とは、放課後や土曜日、長期休暇などに、保護者が仕事や病気などで子供の面倒を見ることが困難な世帯の小学生を預かる施設のことで、「放課後児童クラブ」とも呼ばれています。学童保育では、子供たちがおやつを食べたり、宿題をしたり、遊んだりして過ごします。

厚生労働省が2014年に「放課後児童クラブ運営指針」を策定し、本格的な整備に着手したことにより、施設数は年々増加傾向にあります。学童保育施設の増加に伴い、学童保育スタッフのアルバイトの募集も徐々に増えてきました。

学童保育には、2人以上の放課後児童支援員を置くことが義務付けられていますが、そのうち1人は補助員でも良いことになっており、学童保育のアルバイトはこの補助員となることが一般的です。おやつの準備、子供たちの入退出管理、連絡帳のチェックや記入、施設の掃除や衛生管理など、放課後児童支援員のサポート業務もありますが、主な仕事は子供たちといっしょに過ごすこと。施設内でいっしょに遊んだり、宿題や自己学習のサポートを行ったりします。施設によっては、近所の公園に遊びに連れて行くことや、子供たちの送迎の付き添いするケースもあります。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人当たりは柔らかいけれど、内面は決してゆずらない今日のあな...もっと見る >