2018/02/13 11:22

【企業潜入レポ#8】宇宙航空研究開発機構(JAXA)・広報部に独占取材!3/3

就活生の皆さんこんにちは!学生ライターの進藤です。
宇宙航空研究開発機構(JAXA)広報部への潜入取材記事も今回が3回目!いよいよ最終回です。

これまでの記事では「JAXA広報のお仕事とは」「どんなやりがいがあるのか」「成長を感じる時」などについて、広報部の伊佐百加さんにインタビューをしてきましたが、この記事では、伊佐さんがJAXAに入社した背景やどのように就活をしていたのかをお伺いします!
JAXAへの就職を志望する人には理系の学生が大半だというイメージですが、実際はそうでもないようです。文系でもJAXAを目指せるのか、そしてどんな学生が広報に向いているのか、伺いましたので最後までご覧ください!

※前回までの記事はこちら
【企業潜入レポ#8】宇宙航空研究開発機構(JAXA)・広報部に独占取材!1/3
【企業潜入レポ#8】宇宙航空研究開発機構(JAXA)・広報部に独占取材!2/3

JAXAを目指したきっかけは?

進藤:伊佐さんはどんなきっかけでJAXAに入られたのですか?

伊佐:元々宇宙業界には興味が無かったんです。「JAXAという名前は知ってるけれど、何をしているのかはわからない」という学生でした。そんな時にたまたま大学の企業説明会にJAXAが来ていて説明を聞いたんです。広報や国際協力、法務などの職種も募集していて「文系でも働く道があるんだ」と知ったことが就職先としてJAXAを認識した瞬間でした。
元々私は、世の中のためになる仕事をしたくて、インフラ系の仕事に就きたいと思っていました。改めて考えると宇宙業界は通信技術の下支えをしていたり、ロケットや衛星に使われる最先端の技術を持っていたり、色々なもののインフラになり得ると思った時に、宇宙という分野がすごく魅力的に見えてJAXAの門を叩いてみようかなと思いました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

突飛な行動をとってしまいそうな日。場をわきまえないと、変な...もっと見る >