2018/04/24 12:00

【就活本】外資系への就職を希望する人が読むべき本11冊

外資系金融、コンサルティングファーム、外資系メーカーやIT企業など、グローバル展開する外資系企業への就職を考えている方にオススメ!業界研究や企業研究、面接対策など、外資系就活に役に立つ本・読んでおきたい本をご紹介します。

外資系企業について理解が深まる就活に役立つ本

ひとくちに「外資系企業」といっても、会社ごとにまったく違う仕事内容や風土があるもの。また、グローバルトップ企業であれば、その会社にしかないような特徴や仕事スタイルを持っている会社も少なくありません。メーカー、金融、ITといった「業界」という大きな枠での研究だけでは企業理解が足りず、志望動機が浅い、と思われてしまう可能性が高くなります。採用という枠にとらわれず、企業を多面的に理解するためにオススメの一冊をご紹介します。

外資系メーカー

「P&Gウェイ: 世界最大の消費財メーカーP&Gのブランディングの軌跡」
P&Gの歴史、数々の商品で世界の消費財シェアを拡大してきたブランド構築力の築き方を、P&G社員や歴代CEOへのインタビューや社内資料をもとにまとめた「公式社史」といっても過言ではない一冊。P&G志望者のみならず、メーカーでマーケティングに関わりたい学生にもオススメです。

コンサルティングファーム

「コンサルティング業界大研究[最新]」
コンサルティングファーム全体の業界情報だけでなく、学生に人気がある30社超の企業を個別に紹介してくれる一冊。個別企業の特徴や強み・選考対策から独立後のキャリアまで、それぞれの違いを学ぶことができます。

投資銀行

「新版 投資銀行業界大研究」
外資系企業だけでなく、国内企業も含めて投資銀行について網羅的に紹介している貴重な一冊。インベストメントバンカーを目指すなら、入手しておきましょう。

IT

「How Google Works」
Googleの特徴的な働き方はよく知られていますが、なぜGoogleがそのやりかたを用いているのか、Google会長自ら筆をとった一冊。ハーバード・ビジネス・レビュー誌読者が選ぶベスト経営書2015で第2位を記録するなど、経営層にも支持されています。

 ▽書籍に関するクチコミはこちら
学問と書籍の掲示板・クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

外資系企業の採用人材像がわかる本

人材に関する考え方は、外資系企業が「プロフェッショナル・即戦力」を求め、国内企業は「ゼネラリスト、育てる方針」を求める、というようにそれぞれ考え方には大きな違いがあります。では、どのような人材が「プロフェッショナル」として成長できるか、各企業はどのように判断しているのでしょうか。その参考になる本をご紹介します。

コンサルティングファーム

「採用基準」
マッキンゼーの採用マネジャーを12年務めた著者が語る、「採用基準」。もちろん著者は、「今現在のマッキンゼーがこの採用基準をそのまま使っているわけではない」と記載していますが、マッキンゼーに限らず「本当に優秀な人材の条件」を理解するための良書といえます。

外資系メーカー

「P&G流 世界のどこでも通用する人材の条件」
グローバル人材にフォーカスした書籍として読むこともできる一冊。個人・組織・制度それぞれの観点からグローバル人材の成長について書かれており、自分の将来の方向性を考える学生に読んでほしい内容です。

外資系の就活で求められるロジカルシンキングを学ぶ本

外資就活に欠かせないといわれる「ロジカルシンキング」。日本語では論理的思考、と訳されます。一貫していること、筋が通っていること、情報の整理・集約ができることなど、さまざまな能力が必要になるスキルです。もちろん外資系に限らず、国内企業でも求められる能力ですが、さまざまな文化や言語、背景を共にする外資系企業ではより高い論理的思考性が求められます。

それらを確認するために、外資系企業では「ジョブ」という、ケーススタディ(事例研究)に取り組む実践的なスタイルの選考がよく行われます。必要なのは、「課題に取り組むためのノウハウや知識」ではなく、言葉の定義を共通化し、事実を正しく認識することで、因果関係を明確にするための思考トレーニングです。そのトレーニング方法を解説した本をご紹介します。

「問題解決――あらゆる課題を突破する ビジネスパーソン必須の仕事術」

ビジネスで必要な問題解決力、それらを「わかる」というレベルではなく、「できる」に引き上げるために、「問題を見つける」にとどまらず「解決する」までを解説した一冊です。目次を見るだけでも、問題解決のステップについて学ぶことができます。

第1章 問題解決の手順…問題に直面したとき、どう考えるべきかを解説
第2章 問題を特定する…どこに問題があるのかを絞り込む方法を解説
第3章 原因を追及する…なぜ問題が発生するのか、広く深く検討する方法を解説
第4章 あるべき姿を設定する…高い問題意識を持って〈あるべき姿〉を構築する方法を解説
第5章 対策を立案する…発生した問題、設定した課題について、対策の立て方を解説
第6章 対策を実行する…着実に立案した対策を推進するうえでのポイントを解説
第7章 結果を評価し、定着化させる…対策実行後に結果を評価し定着させる方法を解説

「地頭力を鍛える 問題解決に活かす『フェルミ推定』」

外資系企業で、論理的思考力をはかるために利用される「フェルミ推定」。データが手元にないときに、あるものの数や量を、手掛かりや一般常識的なデータをもとにして論理的に推論し、短時間で概算することです。大切なのは「パターンを知る」ことではなく、集中的に考えられる「思考体力」といってもよいでしょう。その「思考体力」をつけるためのトレーニング方法についてまとめられています。

外資系企業の面接前に読んでおきたい実践本

多くの学生が気になる、外資系企業の面接内容。大学のキャリアセンターや合同企業説明会で開催される模擬面接や講座では、なかなか実践的な指導を受けられないのが外資系企業の面接スタイルです。より実践に近いもの、外資系企業の面接対策ができる本をご紹介します。

「ロジカル面接術 2019年度版」

外資系企業の面接に限らず、国内大手企業の面接対策にも役立つ一冊です。採用面接担当者からの評価も高く、毎年のように最新版が発行されています。具体的な自己PR作成例の添削ではなく、「採用担当者は何を考えている?」という点について解説されており、その視点を持った効果的な自己PRや志望動機をまとめるのに役立つでしょう。

「東大生が書いたー問題を解く力を鍛えるケース問題ノート」

外資系企業の面接で使われる、「問題解決ケース」に特化した解説書であり、問題集です。巻末にたくさん例題が載っているので、それを利用して友人とディスカッションを経験しておきましょう。

「東大生が書いたー地頭力を鍛えるフェルミ推定ノート」

2009年出版で、今回ご紹介する本のなかではいちばん出版日が古い本ですが、「フェルミ推定について、実践的なトレーニングをしてみたい」という方に今でもオススメできる入門書的な一冊です。実際にトップクラスのコンサルティングファームの選考を突破した東大生たちによる、フェルミ推定の「パターン」と「解法ステップ」は必読です。

外資系企業について十分に研究しておくことが大切

外資系企業は、人材に対する考え方、入社後のキャリアステップなど、日系企業とは異なる点が多数あります。単にその会社の扱っている商品やサービスに対する知識だけでは、企業研究のレベルとして不十分です。外資系企業で働くために必要な考え方を、体系的にまとめられた本で学び、就活に活用しましょう!

参考

[1]デーヴィスダイアー、 ロウェナオレガリオ、 フレデリックダルゼル
[2]2013年7月11日
[3]「P&Gウェイ: 世界最大の消費財メーカーP&Gのブランディングの軌跡」
[4]東洋経済新報社

[1]ジョブウェブ コンサルティングファーム研究会
[2]2017年9月8日
[3]「コンサルティング業界大研究[最新]」
[4]産学社

[1]齋藤 裕
[2]2014年9月1日
[3]投資銀行業界大研究 新版
[4]産学社

[1]エリック・シュミット、ジョナサン・ローゼンバーグ
[2]2014年9月23日
[3]How Google Works
[4]日本経済新聞出版社

[1]伊賀 泰代
[2]2012年11月9日
[3]採用基準
[4]ダイヤモンド社

[1]会田 秀和
[2]2013年6月14日
[3]P&G流 世界のどこでも通用する人材の条件
[4]ダイヤモンド社

[1] 高田貴久、 岩澤智之
[2]2014年3月6日
[3]問題解決 ― あらゆる課題を突破するビジネスパーソン必須の仕事術
[4]英治出版

[1]細谷 功
[2]2007年12月7日
[3]地頭力を鍛える 問題解決に活かす「フェルミ推定」
[4]東洋経済新報社

[1]津田久資、下川美奈、坂本直文
[2]2017年1月24日
[3]ロジカル面接術 2019年度版
[4]ワック

[1]東大ケーススタディ研究会
[2]2010年9月17日
[3]東大生が書いたー問題を解く力を鍛えるケース問題ノート
[4]東洋経済新報社

[1]東大ケーススタディ研究会
[2]2009年9月18日
[3]東大生が書いたー地頭力を鍛えるフェルミ推定ノート
[4]東洋経済新報社

関連リンク

学問と書籍の掲示板・クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

著者:沼田絵美

最低求人倍率0.98を記録した2000年卒。当時流行だった就職サークルをインカレで立ち上げ、某新卒就職サイト運営会社に企画営業として就職。東京・名古屋・大阪3都市で中堅から大手企業の採用支援に計10年携わった後、大学キャリアセンター相談業務を担当するキャリアコンサルタント、就職関連ライターとして独立。標準レベルキャリアコンサルタント資格であるキャリア・ディベロップメント・アドバイザー資格所持。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自信を無くしがちだけど、思っているほど状況は悪くないはず。...もっと見る >