2018/04/23 12:01

【マーケターへの転職】マーケティングのプロになるには?

企業がビジネスを行う上でマーケティングはますます重要となり、マーケティング業務を行うマーケターのニーズも高くなっています。今回はマーケターの仕事内容や、転職でマーケターになるための情報を提供していきます。

【マーケターへの転職】仕事内容とは?

マーケターは企業が商品を販売するために、顧客が潜在的、顕在的に求めているニーズや関心を分析し、それを元に製品開発や広告・販売促進などに役立てていく戦略を考える役割の職業です。
具体的には、様々な社外の市場調査のレポートや自社のユーザーアンケートデータを分析したり、社内の販売データなどの顧客データを解析したりして、情報を蓄積します。そして、その情報を更に分析して得た結果を製品の開発や広告や販促など活かすために戦略を考えます。上司やチームメンバーにその考えを説明するためにプレゼン資料を作成することも重要な業務の1つです。

また、近年ではパソコンやスマホが普及したことによってデジタルマーケティングもマーケターの役割となっており、その重要度が高まっています。
デジタルマーケティングの具体的な仕事内容としては、検索キーワード毎にマッチした広告文面を設定したり、効果的なサイトの制作や自社サイトのアクセス解析やSNSなどのソーシャルサービスへの広告出稿などです。SEOの知識も必要になってきます。
デジタルマーケターの腕の見どころは、限られた予算の中でどれだけのアクセスや反響を集めることができるかを考えるところにあるようです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

伝統にまつわることにツキがあります。神社や仏閣に参拝したり...もっと見る >