2018/05/07 12:00

【転職の面接】進め方やコツは?よく聞かれる質問と逆質問例など

転職活動で面接を受けるのはとても緊張するものですが、面接が最も自分を売り込むことができる重要な場面です。この記事では、自分の良い面を存分にアピールしてチャンスをつかむための、面接の注意点やコツなどを詳しく紹介します。

転職時の面接の流れや進め方とは?

転職活動の面接とはどのような流れで行われるのかを、まずは詳しく見ていきましょう。

1. 自己紹介と今の仕事についての説明

最初は基本的に自己紹介を求められますから、準備しておいた自己紹介を手短に行います。自己紹介の内容は、現職の仕事内容と実績、持っているスキルや資格を中心に話します。現職の仕事内容については、受ける企業の仕事に関連のある内容を選んでください。
時間は1分ぐらいで十分ですが、必ず事前に練習しておきましょう。

2. 転職理由と志望動機

転職理由と志望動機も重要なので、最初の方に聞かれます。
転職理由については、「仕事がきつかった」「人間関係が悪かった」などというマイナスイメージのことは決して言わず、「この仕事をやってみたいと思った」「スキルアップしたい」などというプラスイメージで、かつ志望動機につながる内容がベストです。
志望動機を説明する際には、その会社を志望するきっかけになった具体的なエピソードやその企業の商品名、サービスの内容などを交えると、より面接官の興味をひくことができます。「御社の将来性にひかれ」「社風に共感し」などという抽象的な内容はNGです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やる気と根性がある日。何事も逃げずに、正面から立ち向かうと...もっと見る >