2018/04/13 12:00

アルバイトをするなら「家の近所」と「大学の近く」どちらが正解?

アルバイト先を決めるときには、仕事内容や時給はもちろんですが、働く場所も迷うところですよね。アルバイトをするなら家の近くと大学の近くではどっちがよいのか、それぞれのメリットデメリットを比較してみましょう。

アルバイトをするときには通いやすさが重要

アルバイト先を選ぶ基準はさまざまですが、アルバイト先が通いやすいかどうかも重要なポイントのひとつ。学校の近くや家の近くなど、普段の行動範囲とアルバイト先が近いと、次のようなメリットがあります。

■時間を有効に使える
アルバイト先まで距離がある場合、通勤には往復の時間にプラスして交通機関の待ち時間など意外と時間がかかってしまうものです。アルバイト先を家や学校の近くにしておくと、通勤の時間が少なくて済むので、時間を無駄にせず有効に使うことができます。また、ちょっとした空き時間にシフトを入れることも可能です。

■アルバイトが億劫にならない
天候が悪い場合などは、アルバイト先まで距離があると通うのが億劫になってしまうもの。しかし、アルバイト先が日ごろの行動範囲内であえれば通勤の負担が減るので、通うのが億劫になりません。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

他人にふりまわされず、精神的に落着いて過ごせる日。困ってい...もっと見る >