2018/04/13 12:00

例文紹介あり!【建設・建築業界】エントリーシート用の志望動機の書き方

建設・建築業界を志望する学生のみなさん向けに、エントリーシートでの志望動機の書き方をご紹介します。さらに、建設・建築業界の業態別に人気企業をピックアップ。内定者が書いた志望動機の例文も確認してみましょう!

建設・建築業界のエントリーシートの志望動機を書く前に知っておきたい!建築業界にはどのような分野がある?

一戸建てやマンションから、道路や橋、プラントといった大型建造物まで、 「建物」にかかわる建設・建築業界。ゼネコン、ハウスメーカー、プラントエンジニアリングなどさまざまな専門分野があります。まずは分野ごとに確認しましょう。

ゼネコン

General Contractorの略。建設工事では、設計・基礎・電機・配管などさまざまな専門工事者を手配して工事が進められます。その「元請負者」として一式を発注者から請け負い、工事全体のとりまとめを行う建設業者のことを言います。ゼネコンに対し、港湾工事を専門に請け負う会社をマリコン、ゼネコンの下請けとして、工事の一部を請け負う建設会社をサブコンと呼ぶこともあります。
・大林組
・大成建設 など

ハウスメーカー

戸建て住宅をメインに事業展開する会社です。多くはプレハブメーカーとして、工場生産された部材を使用した家づくりを全国的な規模で行う会社を指します。
・積水ハウス
・パナホーム など

プラントエンジニアリング

ガスや石油、鉄鋼など大型の生産設備の設計・管理を専門的に行う会社です。
・日揮
・千代田化工建設

▽建設・建築業界に関するリンクはこちら
建設/住宅/不動産の就活情報・新卒採用クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

【建設・建築業界】エントリーシート用の志望動機のポイント

長く日本経済を支えてきた建設・建築業界。しかし、イメージだけで志望動機を作成してしまうと、「そういうことならゼネコンは向いてないよ」「ウチの建てる家はそういうことはしないよ」ということが起こりやすい業界と言えます。それは、業界にかかわる人のすそ野も広く、仕事内容も多岐にわたるからです。
上記の点を踏まえて、建設・建築業界のエントリーシート用志望動機の作成ポイントと例文を確認しましょう。

(1)どうして建設・建築業界で働きたいと思ったのか

建設・建築業界に興味を持ったきっかけを素直に書き出します。建築・土木系学科の方なら、なぜ高校時代にこの学科を専攻することを決めたのかという点から書き出してもよいでしょう。
例:建設の仕事に興味を持ったきっかけは東日本大震災の復旧にあたる建設業界の人たちの活躍を知ったことです。日本を支えるやりがいのある仕事だと強く感じました。

(2)どうしてこの企業を志望しているのか

企業の特色や歴史、得意とする分野や代表的な建築物、具体的な仕事内容など、志望する理由となりうることをあげましょう。
例:なかでも町と町をつなぐ、道路を造る仕事に惹かれました。一度作って終わりではなく、絶えずメンテナンスをし、人々の生活の基盤を守る使命があるからです。

(3)自分の経験や能力、性格などをどのように志望企業で活かすことができる(したい)か

きちんと仕事内容が理解できているということが伝わるように書きましょう。
例:長期的な計画を立てて期日通りに物事をすすめること、多くの人と協働できることを活かして、施工管理の仕事に携わりたいと考えています。

【建設業界】エントリーシート用の志望動機例 (1)大林組

▼大林組に内定した先輩の志望動機
建設業の魅力は、多くの人とかかわりながら仕事を進めることができること、また、ものづくりを通して大きな達成感を得られることです。小学校時代に10人が1泊をする小屋を建てるイベントに参加し、レイアウトを一から考え、自分の手で作り上げる達成感や、完成した小屋からの景色の美しさにとても感動したことが記憶に残っています。また、幅広いバックグラウンドを持った人とかかわり、自分の価値観が広がることも魅力です。
最近の建設業で興味を持ったのは、BIMなど建設業にIoTが導入されることです。これにより、新たな技術がもたらされ、さまざまな技術者との接点が増え、建設業に新たな魅力が生まれると考えます。

建設業界に興味を持ったきっかけと理由が、「実体験から」という納得感を持って書かれています。業界の最新情報に触れるなど、興味を持っていることが素直に伝えられる内容です。エントリーシートの段階では、この段階がきちんと書けていれば「まずは会ってみよう」と思えるレベルと言えるでしょう。ここからさらに、「大林組が第一志望である」ということを伝えられる内容に一歩踏み込めると、面接も突破できる志望動機につながっていきます。

▽大林組の内定者の志望動機をもっと見たい人はこちら
大林組に内定した先輩の志望動機 - みん就(みんなの就職活動日記)

【建築業界】エントリーシート用の志望動機例 (2)積水ハウス

▼積水ハウスに内定した先輩の志望動機
住宅業界は一人のお客様とかかわる時間が多いため、長く深くお客様とかかわることができる。
お客様の理想を100%叶えることができ、お客様に喜びや感動を提供したいと思った。
インターンや選考のなかで出会った社員の方々の雰囲気に惹かれた。
フルオーダーメイド設計に対してしっかり向き合っている会社だと感じた。
まちづくりにかかわっていて、そこでの暮らしを作っていける。

実際のエントリーシートでは、ですます調で記載するのが一般的ですが、志望理由が複数あるなど、表現として相手に伝えやすいようであれば、箇条書きなどを一部取り入れるのもよいでしょう。上記の例文で注意したいのが、「長く深くお客様とかかわることができる」という内容についてです。何と比べて「長く深い」と考えているのか、自分のイメージだけで捉えていませんか?住宅業界よりも「お客様と長く深いお付き合い」をする業界もありますし、同じ住宅業界のなかでもお客様との接し方は異なります。こういったポイントできちんと企業研究ができているかをチェックしています。

▽積水ハウスの内定者の志望動機をもっと見たい人はこちら
積水ハウスに内定した先輩の志望動機 - みん就(みんなの就職活動日記)

【建設業界】エントリーシート用の志望動機例 (3)日揮

▼日揮に内定した先輩の志望動機
貴社を志望する理由は「海外で大きな社会貢献ができる」,「常に新しい,難しい課題にチャレンジできる」という2点です.
1つ目は,大学時代に旅行で海外数カ国へ渡航した経験からです.そのなかでインフラの未発達な地域を訪れ,貧しい暮らしの人々と触れ合いました.そこで,その国の大きな社会問題とエンジニアリング業界が密接にかかわっていることを実感し,興味を持つきっかけとなりました.エンジニアリング業界で働くことで,開発途上国に眠る資源や人材を有効に活用し,日本だけなく世界で大きな社会貢献ができる点に魅力を感じました.
2つ目は,多くの課題を乗り越え,多国籍・大規模のチームでプロジェクトを成し遂げた時の感動を知りたいという思いからです.将来的にはPMを志望しており,大きな役割と責任を背負うことで,仕事面でも人間的にも大きく成長したいと思います。

上記の志望動機は、「業界の役割」と「仕事そのもの」の2つについて、志望理由をあげられているのが高評価です。プラントエンジニアリングのような、一般にはあまり知られていない業界を志望する場合、「仕事内容」についてはさらに知る機会が少なくなります。そこをきちんと調べている点と、さらに将来的なキャリアプランまでイメージさせる内容になっている点で、志望度が高いのではないかと期待できるからです。

▽日揮の内定者の志望動機をもっと見たい人はこちら
日揮に内定した先輩の志望動機 - みん就(みんなの就職活動日記)

建設・建築業界のエントリーシート用志望動機は、志望企業の得意とする分野をしっかり企業研究でつかんだ上で書くことが大切

「地図に残る仕事」という大きなくくりでは同じ意義を持つ建設・建築業界ですが、得意な分野が違えば、社員の実際の仕事はまったく異なります。業界研究だけでなく、分野ごとの研究と個別の企業研究をしっかり行って、現在だけでなく過去にどのようなことをしていたのかまで理解して志望動機に落とし込みましょう。

関連リンク

履歴書・エントリーシート・志望動機・自己PRのクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)
建設/住宅/不動産の就活情報・新卒採用クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

著者:沼田絵美

最低求人倍率0.98を記録した2000年卒。当時流行だった就職サークルをインカレで立ち上げ、某新卒就職サイト運営会社に企画営業として就職。東京・名古屋・大阪3都市で中堅から大手企業の採用支援に計10年携わった後、大学キャリアセンター相談業務を担当するキャリアコンサルタント、就職関連ライターとして独立。標準レベルキャリアコンサルタント資格であるキャリア・ディベロップメント・アドバイザー資格所持。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ゆったり気分でノンビリ過ごせそう。仕事はさっさと切り上げて...もっと見る >