2018/03/09 12:03

【企業潜入レポ#10】株式会社タニタ食堂・営業本部に潜入取材!3/3

進藤:元々募集がなかったのにも関わらず、希望だった管理栄養士枠で採用されるとはすごいですね!甲阪さんの熱意が伝わったのですね。では、そもそもなぜ「食」に関する仕事をしたいと思っていたのでしょうか?

甲阪:1番の理由は、食を通じて世の中の人々を健康にしたいという気持ちが強くあったからです。中学生の頃に祖母をがんで亡くしたのですが、その時に、祖母が病気になる前から免疫力を高めるなど、病気を未然に防いで健康を維持するために何かできなかったんだろうか…と後悔しました。その経験から医療の道に進もうという気持ちが芽生え、大学では薬学部に進学しようとしていたのですが、成績面のハードルが高く、諦めました。そんな自分に何ができるかを色々と考えた結果、食べることが好きという強みを生かして(笑)、「食」の面から健康に貢献できる仕事はないかと模索するようになったんです。そこで、食事による健康管理のプロである「管理栄養士」という職業を知り、管理栄養士の資格が取得できる大学に進学しました。
大学3年生になった頃、私は難病の方が多くいらっしゃる病院で実習をすることになったんです。その病院には、祖母と同じように病気が治る見込みのない末期の患者の方がたくさんいました。管理栄養士として食事面から患者さんのサポートを行いましたが、もうどうしようもない状況の方々を見て、無力さを感じましたね。
そういった経験も経て、就活の際には祖母を亡くした時に感じていた未然に病気を防ぎたいという気持ち、そして自身で見つけた「食事」という軸で「病気にならないからだづくり」のためのアプローチができる環境を探していたところ、タニタを見つけたんです。管理栄養士の資格も生かせると思いました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何かとガマンすることの多い日。ストレスがたまりそうだけれど...もっと見る >