2018/05/22 12:00

【企業研究・野村ホールディングス】金融業界をリードする業界の巨人

「証券会社は株の売買で儲けている」証券会社について知っているのはそのぐらいという方は意外と多いのではないでしょうか?証券会社の業務は実は幅広く、企業の資金調達など重要な役割を担っています。まずは証券業界についてしっかり理解し、「就職先としての証券会社とは」を考えていきましょう。

株式売買の仲介だけが証券会社と思ったら大間違い

日々のニュースにおいて株価と円相場の動きが必ず報道されていますが、みなさんは証券会社についてどのくらいご存じですか?

「証券会社は株式売買の仲介をやっている金融機関でしょ?」

ほとんどの方はそのぐらいの理解だと思います。証券会社の役割は株や債券の売買だけではなく、企業の資金調達などにおいても重要な役割を担っています。
証券会社の主な業務は以下の4つ

  1. ブローカー業務
  2. ディーリング業務
  3. アンダーライティング業務
  4. セリング業務

ブローカー業務は一般的にも知られる業務で、顧客からの有価証券売買の注文を受けて市場に取り次ぐこと。
ディーリング業務は証券会社の自己資金で有価証券を売買する業務で、証券会社によってはこの業務を収益の軸とするところもあります。
アンダーライティング業務は、企業や自治体が発行した株式・社債・地方債などを引き受け投資家に販売する業務で、企業や自治体への資金調達の役割を担うものです。企業や自治体が市場で資金調達を行う際の重要なパートナーが証券会社ということになります。
セリング業務は、証券会社が発行者から委託を受けて、不特定多数の一般投資家に有価証券を販売することです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

アグレッシブに行動できる日。変化を恐れずにチャレンジすると...もっと見る >