2018/06/19 12:00

住み込みのアルバイトには何がある?仕事内容やメリットデメリット

住み込みのアルバイトは光熱費や食費などの生活費をおさえられるほか、短期間でしっかり稼ぎやすいところが魅力です。今回は住み込みのアルバイトを探している大学生の皆さんに向けて、具体的な職種や仕事内容などについてご紹介します。

住み込みのアルバイトの仕事にはどんなものがあるの?

住み込みのアルバイトには、リゾート系アルバイト、土木系アルバイト、新聞配達、警備などの種類があります。たとえばリゾート系アルバイトは、文字どおりリゾート地の旅館やホテル、スキー場、温泉などのスタッフとして働く仕事です。大学の夏休みなどを活用して旅館の仲居になったり、冬休みにスキー場のリフト係になったりなど、リゾート地ならではのアルバイト体験がしやすいところが魅力といえます。

土木系のアルバイトでは、道路整備や耐震補強、建物の解体などの補佐を担います。国や市から依頼されて行う公共事業のほか、被災地の復興支援にも携わりやすい仕事です。新聞配達のアルバイトは、新聞を購読者の自宅や店などに配るのが主な役目となります。仕事のスケジュールは、夜中の2~4時頃にチラシの折り込み(新聞に広告をはさむこと)や朝刊配達、昼の1時~4時頃に夕刊の配達を行うという流れが一般的です。朝刊のシフトが入っている日は真夜中に起きる必要があるほか、どんな天候の中でもきちんと配達を行わなければならない仕事なので、体力に自信がある人向けのアルバイトといえます。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

周囲のノリから浮いてしまいそう。きつい一言でムードをこわさ...もっと見る >